プログラミング、アカデミック、何か面白いこと。 記載されているものは基本的に私が所属する団体とは関係がありません。

  1. アカデミック
  2. 10 view

[AR]NyARToolkitを使ってみる

概要

マーカーベースのARプログラムを作成するためのライブラリとしてARToolKitというものがあるが、
それのProcessing版であるNyARToolkitを使用して簡単なARプログラムを作成してみる。

実装

ここから
ライブラリをダウンロードして中身を一式、processingのホームディレクトリ以下のlibraries(なければ作成する)フォルダの中に移動する。
そしてディレクトリ名をnyar4psgにする。

次にプログラムを書く。

import jp.nyatla.nyar4psg.*;
import processing.video.*;

// Definition camera device interface
Capture cam;
MultiMarker ar;
// Marker ID
int id;

void setup() {
  // Set size
  size(640,480,P3D);
  // Create camera device interface
  cam = new Capture(this, width, height);
  ar = new MultiMarker(this, width, height, "camera_para.dat", NyAR4PsgConfig.CONFIG_PSG);
  // Register marker
  id = ar.addARMarker("patt.hiro", 60);
}

void draw() {
   // Check whether camera is available
  if (cam.available() == false) return;
  // Get camera image
  cam.read();
  // Draw camera image
  background(0);
  ar.drawBackground(cam);
  // Detect marker
  ar.detect(cam);
  if (ar.isExistMarker(id)) {
    // Draw box
    ar.beginTransform(id);
    fill(116,163,241,100);
    translate(0,0,15);
    box(30);
    ar.endTransform();
  }
}

プログラムを書いたら保存して。
そのディレクトリ以下に、nyar4psg/dataディレクトリをコピーする。

実行結果

印刷したマーカーをカメラにかざすと以下のような結果が得られる。
SimpleAR

アカデミックの最近記事

  1. [触ってみた]Microsoft Quantum Development Kit

  2. Tensorboardを使ってニューラルネットワークと学習の状況を可視化する

  3. [機械学習]各種Pythonライブラリ入りの実験用Dockerイメージを作った

  4. [OpenCV][Ruby]Webページのデザイン崩れ確認の自動化

  5. [機械学習]本番導入までの道のり

関連記事

PAGE TOP