プログラミング、アカデミック、何か面白いこと。 記載されているものは基本的に私が所属する団体とは関係がありません。

  1. アカデミック
  2. 282 view

[Kinect][Processing][Windows]環境準備

kinect processing windows

インストール

processingでkinectを扱うためには以下をインストールする必要がある。

  • OpenNI : Kinectを使うためのライブラリ
  • NITE : ジェスチャ認識などをするためのライブラリ
  • SensorKinect : Kinectのデバイスドライバ
  • Simple-OpneNI : processingでKinectを扱うためのライブラリ

これらのインストーラはすべて
https://code.google.com/p/simple-openni/downloads/list
からダウンロードすることができる。

  1. 環境に合わせてOpenNI_NITE_Installer-xxx-0.27.zipをダウンロード
  2. zipファイルを解凍してopenni-xxx-1.5.4.0-dev.msiをダブルクリックしてインストール
  3. nite-xxx-1.5.2.21-dev.msiをダブルクリックしてインストール
  4. SensorKinect092-Bin-xxx-v5.1.2.1.msiをダブルクリックしてインストール
  5. SimpleOpenNI-0.27.zipをダウンロードして解凍
  6. 解凍してできたフォルダをprocessingのルートフォルダ以下のlibrariesフォルダにコピー

軽く試してみる

ユーザを検出して人の部分に色を塗るプログラムを書いてみる。

import SimpleOpenNI.*;

SimpleOpenNI context;
color[] userColors = { color(255,0,0), color(0,255,0), color(0,0,255), color(255,255,0), color(255, 0, 255), color(0, 255, 255) };

void setup() {
  context = new SimpleOpenNI(this);
  context.setMirror(false);
  context.enableDepth();
  context.enableUser(SimpleOpenNI.SKEL_PROFILE_ALL);
  size(context.depthWidth(), context.depthHeight());
}

void draw() {
  context.update();
  image(context.depthImage(), 0, 0);
  
  int[] userMap = null;
  int userCount = context.getNumberOfUsers();
  if (userCount > 0) {
    userMap = context.getUsersPixels(SimpleOpenNI.USERS_ALL);
  }
  
  loadPixels();
  for (int y=0; y<context.depthHeight(); y++) {
    for (int x=0; x<context.depthWidth(); x++) {
      int index = x + y * context.depthWidth();
      
      if (userMap != null &amp;&amp; userMap[index] > 0) {
        int colorIndex = userMap[index] % userColors.length;
        pixels[index] = userColors[colorIndex];
      }
    }
  }
  updatePixels();
}

実行結果は以下のようになる。
kinectsample1

こういったプログラムが以下の本に書いてある。

アカデミックの最近記事

  1. [触ってみた]Microsoft Quantum Development Kit

  2. Tensorboardを使ってニューラルネットワークと学習の状況を可視化する

  3. [機械学習]各種Pythonライブラリ入りの実験用Dockerイメージを作った

  4. [OpenCV][Ruby]Webページのデザイン崩れ確認の自動化

  5. [機械学習]本番導入までの道のり

関連記事

PAGE TOP