Tech Tips

  1. 要素技術
  2. 103 view

[Haskell]PGMファイルを生成する part1

やりたいこと

今後Haskellで画像処理をするためにPGMファイルを生成させてみる。

プログラム

まずはヘッダを出力するところまで。
main = do
    -- PGM Header
    let pgm_type = "P5\n"
    let pgm_comment = "# PGM type grayscale image\n"
    let pgm_size = (255,255)
    let pgm_max_brightness = 255

    let pgm_size_string = (show (fst pgm_size)) ++ " " ++ (show (snd pgm_size)) ++ "\n"
    let pgm_max_brightness_string = (show pgm_max_brightness) ++ "\n"
    let pgm_header = pgm_type ++ pgm_comment ++ pgm_size_string ++ pgm_max_brightness_string
    -- Main
    writeFile "test.pgm" pgm_header
コンパイルして実行してみる。
$ghc pgm.hs
$./pgm
$cat test.pgm
P5
# PGM type grayscale image
255 255
255

要素技術の最近記事

  1. Udacity Self-Driving Car Engineer Nanodegree …

  2. TF-Agents で独自の環境を利用する方法

  3. Amazon Rekognition Video を使って動画内の顔検出と境界ボックスの描…

  4. [触ってみた]Microsoft Quantum Development Kit

  5. Tensorboardを使ってニューラルネットワークと学習の状況を可視化する

関連記事

PAGE TOP