プログラミング、アカデミック、何か面白いこと。 記載されているものは基本的に私が所属する団体とは関係がありません。

  1. プログラミング
  2. 154 view

[Parser][PEG]PEG.jsで遊んでみる

最近、文脈自由文法よりも扱える範囲が広いかもしれないと言われている
分析的形式文法(PEG)に興味があって、リッチなコンフィグファイル用言語を作成するのに使用している。

PEG.jsというPEG用のパーサを生成してくれるjsがgithub上に公開されていて、
これを使っている。
http://pegjs.majda.cz/

今作っている言語の文法は以下のように定義していて

start
= tree

tree
= stat:statement? { return stat; }

statement
= stat:if_statement { return stat.toString(); }
/ stat:proc_statement { return stat.toString(); }

if_statement
= fac:if_factor 'Y' edge branch1:proc_statement '\n'
'N' '\n' edge branch2:statement
{ return branch2.toString().match(/if/) ?
"if (" + fac + ")\n\t" + branch1 + '\nelse ' + branch2
: 'if (' + fac + ')\n\t' + branch1 + '\nelse\n\t' + branch2;}

proc_statement
= fac1:proc_factor [-|]+ fac2:proc_statement { return fac1 + '.then(' + fac2.slice(0,fac2.length-1) + ');'; }
/ factor:proc_factor { return factor + ';'; }

proc_factor
= '[' procexp:expression ']' { return procexp; }
if_factor
= '<' ifexp:expression '>' { return ifexp; }

expression
= elem:element ' ' cdr:arguments { return elem.toString() + '(' +cdr + ')'; }
/ elem:element { return elem.toString(); }

arguments
= elem:element ',' arg:arguments { return elem.toString() + ',' + arg; }
/ elem:element { return elem.toString(); }

element
= characters:[a-zA-Z0-9-_."]+ { return characters.join('') }

edge
= symbols:[-|\n]+ { return symbols.join('') }

例えば次のような文章を解析できる。

<hasTwitterAccount id>Y---[getTweet id]---[outputTweets]
N
|
|
<hasYoutubeAccount id>Y-----[youtube_search keyword,30]
N
|
|
|
|
|
[alert "nothing"]

github上のリポジトリはこれ

プログラミングの最近記事

  1. sbt1.0.0のインストールとサンプル実行

  2. [機械学習]各種Pythonライブラリ入りの実験用Dockerイメージを作った

  3. [Node.js]バッチスクリプトの書き方

  4. [Play][Scala]PlayFrameworkでリクエスト駆動のバッチを作る

  5. [OpenCV][Ruby]Webページのデザイン崩れ確認の自動化

関連記事

PAGE TOP