ズッキーニのプログラミング実験場

プログラミング + アカデミック + 何か面白いこと。 記載されているものは基本的に私が所属する団体とは関係がありません。

   Mar 03

[Meteor.js][MongoDB][Javascript]別インストールの既存MongoDBを使う方法

by zuqqhi2 at 2015年3月3日
Pocket

meteor

Goal

既存のMongoDBをMeteor.jsで利用する。

Environment

  • OS
    • Linux version 3.2.0-64-generic (buildd@kissel) (gcc version 4.6.3 (Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5) ) #97-Ubuntu SMP Wed Jun 4 22:04:21 UTC 2014
  • Meteor.js
    • 1.0.3.1
  • MongoDB
    • 2.4.12

Procedure

1. 環境変数MONGO_URLをセットする

export MONGO_URL=mongodb://username:password@localhost:27017/dbname

2. ソースコード内にMongoDBを利用するためのコードを入れる

以下のソースコードはデフォルトアプリのコードをベースにしている。

var Test = new Mongo.Collection('test');

if (Meteor.isClient) {
  // counter starts at 0
  Session.setDefault('counter', 0);

  Template.hello.helpers({
    counter: function () {
      return Session.get('counter');
    }
  });

  Template.hello.events({
    'click button': function () {
      // increment the counter when button is clicked
      Session.set('counter', Session.get('counter') + 1);
      console.log(Test.findOne());
    }
  });
}

if (Meteor.isServer) {
  Meteor.startup(function () {
    // code to run on server at startup
    Test.insert({name:"A", age:25});
    Test.insert({name:"B", age:31});
    Test.insert({name:"C", age:22});
    console.log(Test.findOne());
  });
}

これで実行すると以下のような感じになる。
20150303_meteor_monog1
20150303_meteor_monog2

コレクションのサイズが小さい場合はこれで完了。
大きい場合は、工夫が必要でそれにはさらに以下のステップを実行する必要がある。

3. autopublish機能を削除する

autopublish機能を削除するとpublish/subscribe機能を利用しないと
mongoDBをMeteor.jsで利用できなくなるので注意。

meteor remove autopublish

4. publish/subscribe機能をコードに追加する

var Test = new Mongo.Collection('test');

if (Meteor.isClient) {
  Meteor.subscribe('testdata');

  // counter starts at 0
  Session.setDefault('counter', 0);

  Template.hello.helpers({
    counter: function () {
      return Session.get('counter');
    }
  });

  Template.hello.events({
    'click button': function () {
      // increment the counter when button is clicked
      Session.set('counter', Session.get('counter') + 1);
      console.log(Test.findOne());
    }
  });
}

if (Meteor.isServer) {
  Meteor.startup(function () {
    // code to run on server at startup
    Test.insert({name:"A", age:25});
    Test.insert({name:"B", age:31});
    Test.insert({name:"C", age:22});
    console.log(Test.findOne());

    Meteor.publish('testdata', function() {
      return Test.find({name:"B"});
    });
  });
}

publish時のfindの条件指定により、クライアントと同期させるデータのサイズを調整できる。
基本的にこのコードの実行結果は上のと同じだが、
クライアントサイドのconsole.logの結果がname:”B”のものになっているところが異なる。

Related Posts

Pocket

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.