Tech Tips

  1. プログラミング
  2. 212 view

[Javascript][Meteor.js]インストールとHello World

meteor

Meteor.js

Meteor.jsはJavascriptのサーバサイドフレームワークの1つ。
Node.jsをベースにしているが、いろいろと違う。
面白いところは、クライアントとサーバ間でソースコードやDBの内容を共有できるところ。
これのおかげで簡単にWebアプリ開発ができる。
公式サイトはここ

Target

インストールとデフォルトのコードを動かしてみる。

Environment

  • OS
    • Linux version 3.2.0-64-generic (buildd@kissel) (gcc version 4.6.3 (Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5) ) #97-Ubuntu SMP Wed Jun 4 22:04:21 UTC 2014
  • Meteor.js
    • 1.0.3.1

Install

インストールはすごく簡単で、以下のコマンドを叩くのみ。
curl install.meteor.com | /bin/sh
meteor --version

Hello World!

これもすごく簡単。
meteor createでプロジェクトを作成して、プロジェクト直下に移動した後meteorコマンドを叩けばデフォルトのコードを動かせる。
$ meteor create hello
hello: created.

To run your new app:
  cd hello
  meteor
$ cd hello
$ meteor
[[[[[ ~/work/test/hello ]]]]]

=> Started proxy.
=> Started your app.

=> App running at: http://localhost:3000/
meteor-hello
ポート3000番にアクセスすると以下のような画面が出てくる。
プロジェクトのディレクトリ構成を見ると、かなりシンプル。
$ tree
.
├── hello.css
├── hello.html
└── hello.js

0 directories, 3 files

デフォルトではhello.jsにクライアントとサーバサイドのスクリプトが両方書かれている。
もちろん、分割することも可能。

プログラミングの最近記事

  1. ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 第2版を読みました

  2. TF-Agents で独自の環境を利用する方法

  3. Amazon Lex V2 で入力させる内容を分岐する方法

  4. Amazon Rekognition Video を使って動画内の顔検出と境界ボックスの描…

  5. Google Calendar API で自分のカレンダーの予定を取得する方法

関連記事

PAGE TOP