プログラミング + アカデミック + 何か面白いこと。 記載されているものは基本的に私が所属する団体とは関係がありません。

  1. プログラミング
  2. 0 view

[Javascript][Meteor.js]インストールとHello World

Pocket

meteor

Meteor.js

Meteor.jsはJavascriptのサーバサイドフレームワークの1つ。
Node.jsをベースにしているが、いろいろと違う。
面白いところは、クライアントとサーバ間でソースコードやDBの内容を共有できるところ。
これのおかげで簡単にWebアプリ開発ができる。
公式サイトはここ

Target

インストールとデフォルトのコードを動かしてみる。

Environment

  • OS
    • Linux version 3.2.0-64-generic (buildd@kissel) (gcc version 4.6.3 (Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5) ) #97-Ubuntu SMP Wed Jun 4 22:04:21 UTC 2014
  • Meteor.js
    • 1.0.3.1

Install

インストールはすごく簡単で、以下のコマンドを叩くのみ。

curl install.meteor.com | /bin/sh
meteor --version

Hello World!

これもすごく簡単。
meteor createでプロジェクトを作成して、プロジェクト直下に移動した後meteorコマンドを叩けばデフォルトのコードを動かせる。

$ meteor create hello
hello: created.

To run your new app:
  cd hello
  meteor
$ cd hello
$ meteor
[[[[[ ~/work/test/hello ]]]]]

=> Started proxy.
=> Started your app.

=> App running at: http://localhost:3000/

ポート3000番にアクセスすると以下のような画面が出てくる。
meteor-hello

プロジェクトのディレクトリ構成を見ると、かなりシンプル。

$ tree
.
├── hello.css
├── hello.html
└── hello.js

0 directories, 3 files

デフォルトではhello.jsにクライアントとサーバサイドのスクリプトが両方書かれている。
もちろん、分割することも可能。

Pocket

プログラミングの最近記事

  1. sbt1.0.0のインストールとサンプル実行

  2. [機械学習]各種Pythonライブラリ入りの実験用Dockerイメージを作った

  3. [Node.js]バッチスクリプトの書き方

  4. [Play][Scala]PlayFrameworkでリクエスト駆動のバッチを作る

  5. [OpenCV][Ruby]Webページのデザイン崩れ確認の自動化

関連記事

PAGE TOP