Tech Tips

  1. プログラミング
  2. 51 view

LeetCode で解いた問題数が 300 を超えました

Gerd AltmannによるPixabayからの画像
去年に転職をしたのですが、選考の過程でコーディングの面接や Web テストがあるかもしれないと思い、LeetCode というコーディングの問題を解いて腕試しできるサイトで勉強していました。 転職後も自分の勉強用に LeetCode で毎週 2 ~ 3 問程度、問題を解いてました。その結果、解いた問題数が 331 問になりました! ちなみに Easy 、Medium 、Hard の内訳は以下です。
  • Easy : 204 / 461
  • Medium : 113 / 921
  • Hard : 14 / 373
転職後はほとんど Easy ばかり解いていたので、ほとんど Easy なのですが… ちなみに、今は Easy を上から順番に(dislike が多くない)問題を解いていますが、転職の準備中は以下の 2 つのサイトに記載されている問題を解いていました。 似たような問題がコーディング面接や Web テストで出題された場合に、自力で時間内に解けるようにするために、以下の流れで勉強しました。
  1. コーディング面接対策のために解きたいLeetCode 60問」に記載されている問題を一回通り全部解く。
  2. Tech Interview Handbook」を全部読んで、記載されている問題も一回通り全部解く。
  3. コーディング面接対策のために解きたいLeetCode 60問」に記載されている問題を全部 30 分以内に解けるようになるまで、繰り返し解く。
これらを一通りやったところ、上記のサイト以外の問題でも、大体 Easy は 1 ~ 5 分以内に、Medium は 15 ~ 30 分以内に解けるようになりました。Medium は問題が解けない場合もままありますが… 転職中の選考で、多少コーディングの問題はあったので、勉強したおかげですぐ解くことができました。

プログラミングの最近記事

  1. AWS Amplify Console + Nuxt.js で特定のパス以下にデプロイする…

  2. LeetCode で解いた問題数が 300 を超えました

  3. ECDSA の SSL 自己証明書の作成方法

  4. SSL 自己証明書の作成と AWS Application Load Balancer へ…

  5. 私はこの勉強方法で GCP Professional Cloud Architect に合…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP