プログラミング、アカデミック、何か面白いこと。 記載されているものは基本的に私が所属する団体とは関係がありません。

  1. プログラミング
  2. 130 view

統計分析用フリーソフトRのインストール方法

R

Excelは非常に便利だが、統計や機械学習を用いた分析・グラフ化においては、さらに優秀なソフトがある。
それがRだ。Rを使えば、難しい数学的な知識が必要な分析・ビジュアライジングを数行で記述できてしまう。
本記事ではそのRをWindowsにインストールする方法を解説する。

環境

  • OS
    • Windows7 Enterprise Service Pack1
  • R
    • 3.2.0

インストール手順

インストーラーを起動するだけなので非常に簡単にインストールできる。

  1. ここをクリックしてインストーラーダウンロードページへ移動
  2. 「base」をクリック
  3. ダウンロードサイト

  4. 「Download R 3.2.0 for Windows (62 megabytes, 32/64 bit)」をクリックすればダウンロード開始
  5. インストーラーダウンロード

  6. ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックする
  7. 以下の画像のように次へボタンを押していくだけでインストール完了
  8. 言語選択
    インストーラ2
    インストーラ3
    インストーラ4
    インストーラ5
    インストーラ6
    インストーラ7
    インストーラ8
    インストーラ9
    インストーラ10

動作確認

インストールしたRが正しく動くかどうかだけ軽く見てみる。
Rを使った具体的な分析については別記事参照。

  1. ショートカットをダブルクリック(32bit版と64bit版があるがどちらでも構わない。こだわりがなければ64bit版でOK)
  2. ショートカット
    ワークスペース

  3. 最初から入っているデータとそれのグラフ化(以下をそれぞれ実行)
  4. > iris
    > plot(iris)
    

    iris
    plot

ライブラリのインストール方法

Rは統計・機械学習関連のライブラリが豊富にある。
実際にRを用いて分析を行うときには何らかのライブラリをインストールして行うことがほとんどだ。
ここでは、そのライブラリのインストール方法を紹介する。

  1. メニューにある「パッケージ」の「パッケージのインストール」をクリック
  2. ライブラリ1

  3. ミラーサイトとして「Japan(Tokyo)」を選択(TsukubaとYamagataの方が近ければそちらを選択してもいい)
  4. ライブラリ2

  5. インストールしたいライブラリを選択(ここでは例として「arules」というアソシエーション分析ライブラリを選択)
  6. ライブラリ3

  7. ライブラリの読み込みチェック(以下をそれぞれ実行)
  8. > library(arules)
    > data(Groceries)
    > Groceries
    

    ライブラリ4

これでインストールと基本的な操作はOK

プログラミングの最近記事

  1. sbt1.0.0のインストールとサンプル実行

  2. [機械学習]各種Pythonライブラリ入りの実験用Dockerイメージを作った

  3. [Node.js]バッチスクリプトの書き方

  4. [Play][Scala]PlayFrameworkでリクエスト駆動のバッチを作る

  5. [OpenCV][Ruby]Webページのデザイン崩れ確認の自動化

関連記事

PAGE TOP