プログラミング + アカデミック + 何か面白いこと。 記載されているものは基本的に私が所属する団体とは関係がありません。

  1. アカデミック
  2. 0 view

[Haskell]反転画像の生成

Pocket

やりたいこと

前回まででPGM形式の画像の出力、読み込みができるようになったから、
今度は画像処理をやってみる。
今回は一番簡単な、反転画像を作る。

プログラム

だいたいこんな感じ。

import System.IO
import System.Environment (getArgs)

main = do
    args <- getArgs
    if length args <= 1 then do
        print "usage : ./pgm-input input.pgm output.pgm"
    else do
        infile <- openFile (head args) ReadMode

        -- Read PGM Header
        pgm_type <- hGetLine infile
        pgm_comment <- hGetLine infile
        pgm_max_brightness <- hGetLine infile
        pgm_size <- hGetLine infile
        -- Read PGM Pixels-
        pixels_handle <- hGetContents infile
        let src_contents = take (length pixels_handle) $ pixels_handle
        let src_contents_lines = lines src_contents
        let src_pixels = concat (map (\x -> words x) src_contents_lines)
        let int_pixels = map (\x -> read x::Int) src_pixels
        let dist_pixels = map (\x -> 255 - x) int_pixels

        -- Output PGM File
        fh <- openFile (args !! 1) WriteMode
        hPutStrLn fh pgm_type
        hPutStrLn fh pgm_comment
        hPutStrLn fh pgm_max_brightness
        hPutStrLn fh pgm_size
        hPutStr fh ((foldr (\x xs -> show(x) ++ " " ++ xs ) "") dist_pixels)

        hClose infile
        hClose fh

結果

入力画像

car

出力画像

car-out

うん。うまくいってる。

Pocket

アカデミックの最近記事

  1. [触ってみた]Microsoft Quantum Development Kit

  2. Tensorboardを使ってニューラルネットワークと学習の状況を可視化する

  3. [機械学習]各種Pythonライブラリ入りの実験用Dockerイメージを作った

  4. [OpenCV][Ruby]Webページのデザイン崩れ確認の自動化

  5. [機械学習]本番導入までの道のり

関連記事

PAGE TOP