Production Level Knowledge & Tips. Updated at every month 1st Monday 7:00 AM JST.

  1. アカデミック
  2. 3 view

[Haskell]PGMファイルを読み込む part1

やりたいこと

HaskellでPGMファイルを生成することができたから、
今度は入力出来るようにしてみたい。

プログラム

とりあえずヘッダーを読み込んで出力するところまで。
import System.IO
import System.Environment (getArgs)

main = do
    args <- getArgs
    if length args == 0 then do
        print "usage : ./pgm-input test.pgm"
    else do
        infile <- openFile (head args) ReadMode

        -- Read PGM Header
        pgm_type <- hGetLine infile
        pgm_comment <- hGetLine infile
        pgm_max_brightness <- hGetLine infile
        pgm_size <- hGetLine infile
        hClose infile

        -- Output PGM File
        putStrLn pgm_type
        putStrLn pgm_comment
        putStrLn pgm_max_brightness
        putStrLn pgm_size
実行してみる。
$ ./pgm-input test.pgm
P5
# PGM type grayscale image
255 255
255

アカデミックの最近記事

  1. How to bring columns not GROUP BY key from ne…

  2. HiveでGROUP BYを伴うサブクエリのネストからGROUP BYのキー以外のカラムを…

  3. How to drop Hive’s External Table

  4. HiveでExternal Tableを削除する方法メモ

  5. [触ってみた]Microsoft Quantum Development Kit

関連記事

PAGE TOP