Tech Tips

  1. 要素技術
  2. 36 view

[Haskell]PGMファイルを読み込む part1

やりたいこと

HaskellでPGMファイルを生成することができたから、
今度は入力出来るようにしてみたい。

プログラム

とりあえずヘッダーを読み込んで出力するところまで。
import System.IO
import System.Environment (getArgs)

main = do
    args <- getArgs
    if length args == 0 then do
        print "usage : ./pgm-input test.pgm"
    else do
        infile <- openFile (head args) ReadMode

        -- Read PGM Header
        pgm_type <- hGetLine infile
        pgm_comment <- hGetLine infile
        pgm_max_brightness <- hGetLine infile
        pgm_size <- hGetLine infile
        hClose infile

        -- Output PGM File
        putStrLn pgm_type
        putStrLn pgm_comment
        putStrLn pgm_max_brightness
        putStrLn pgm_size
実行してみる。
$ ./pgm-input test.pgm
P5
# PGM type grayscale image
255 255
255

要素技術の最近記事

  1. TF-Agents で独自の環境を利用する方法

  2. Amazon Rekognition Video を使って動画内の顔検出と境界ボックスの描…

  3. [触ってみた]Microsoft Quantum Development Kit

  4. Tensorboardを使ってニューラルネットワークと学習の状況を可視化する

  5. [機械学習]各種Pythonライブラリ入りの実験用Dockerイメージを作った

関連記事

PAGE TOP